売却までの準備方法が甘かった私の任意売却の失敗談

売却までの準備方法が甘かった私の任意売却の失敗談

不動産

私は以前所有していた購入から十年以上たったマンションの任意売却を希望しましたが、売却までの準備の仕方が甘かったこともあり任意売却に失敗しました。

そのマンションは住宅ローン専門会社をはじめその他にも二つの金融機関から住宅ローンの借り入れをしており、それぞれ銀行口座からの自動引き落としになっており購入から五年程は同年齢の人と比較しても給与が高かったこともあり特に問題なく毎月決められた金額を支払っていました。

ところがその後思いもよらないリストラにあいこの時もすぐに仕事が見つかると思い、住宅ローンに関しても不安になることもなく軽く考えていましたが、残念ながらその後定職を見つけることができずマンションの任意売却を検討するようになりました。

そこで自分なりにインターネットで任意売却に関する情報を収集し、その中で住宅ローンに関する情報で六か月までは滞納しても競売にかからないとの情報を目にし、その言葉を信じて毎月の金額が低い一つの金融機関のローンのみは毎月支払いその他の金融機関からは督促はあったものの無視をすることにしました。

そのまま競売までの猶予期間があると信じ、専門家に任意売却の具体的な相談をおこなっていましたが、専門家に相談した時期が猶予期間ぎりぎりということもあり、自分が計算していた猶予期間と異なっており住宅ローン専門会社から競売の申し立てを受け、予定していた任意売却ができませんでした。

この失敗談から学んだことは素人の知識のみでは判断することはとても危険で、専門家などを利用したしっかりとした準備が必要ということです。

カテゴリー