離婚に伴う整理について | 不動産 : ALLNECT

離婚に伴う整理について

不動産

性格の不一致やパートナーの不倫、精神的な障害など様々な理由で離婚に至る夫婦は年々増加傾向にあり、特に近年は顕著になっています。夫婦双方の合意をもって成立するものですが、一方的な決別は泥沼化するものです。また、離婚が成立しても解決しなければならないのが「整理」です。ここでいう整理は「心の整理」と「物の整理」の2つに大別できます。

心の整理はパートナーに対する気持ちの整理です。前述の通り、離婚は夫婦双方の合意があってはじめて成立するものです。別れる原因がパートナーにあればすぐに別れたいと思うでしょう。しかし、一方的に別れを宣告された側は納得できるものではないでしょう。双方が納得するまで話し合いを行って解決するべき問題ですが、場合によっては裁判所に仲介を依頼することになるでしょう。

物の整理は不動産や家具などの財産をパートナーとどう分けるかを考える必要があります。結婚前、自宅から持ち込んだものや結婚後に2人で購入したもの、パートナーからプレゼントされたものなど入手方法は様々ですが夫婦でいる間では共通の資産となります。離婚後、どちらが引き取るかを決めることになりますが、不動産などは2つに分けることができない非常に高価なものです。

資産としては現金や有価証券も双方の割合を決める必要があるでしょう。大半のケースでは5割ずつと均等に分けることになりますが、不倫やDVなど分かれることなった理由によってその割合も変化します。

ちなみに、この物の整理は犬や猫などのペットも対象となります。お子様の親権で揉めるケースは多々ありテレビなどでもよく取り上げられますがペットもまたどちらが引き取るかを考える必要があります。自身の子供同様、育てている内に愛着が湧き、諦められないと言う方も少なくないでしょう。

なお、婚礼家具や記念品などどちらが引き取っても困るものもあります。どうしても処分したいものについてはゴミとして廃棄することになりますが大型の家具や家電については粗大ゴミとして処分する必要があり、相当の手数料を必要とします。そこで注目を集めているのが専門の廃品回収業者です。

以前は引越し業者が引越しで不要になったものを処分しているサービスを提供していましたが、自宅からの運び出しと廃棄処分の作業に特化したものです。廃棄には手数料が必要となりますが、家具など使えるものについてはリサイクルも行っており、下取りに出すことで費用を安価に抑えることが可能になっております。

カテゴリー

上へ