我が家に住み続けるための方法リースバックとは?

我が家に住み続けるための方法リースバックとは?

不動産

一般的に言って、住宅ローンの支払いが難しくなってくると、ほとんどの方がまず考えるのは家を売却するかどうかという点でしょう。

しかし、今まで長年にわたって住み続けた家ですから、何と言っても愛着があるものです。転校や転勤の煩わしさを回避するためにも、何とかして今の家に住み続けたいと考える人は決して少なくありません。そこで、利用できるのがリースバックと呼ばれる方法でしょう。

では、愛着のある我が家に住み続けるための方法とも言えるリースバックとは一体どのようなものなのでしょうか。

一言で言えば、家や工場、または事務所といった不動産を、一旦信頼のおける投資会社や個人の投資家などに売却し、その後月々の賃貸料を支払いながら売却した家や事務所をこれまでと同じように使い続けるというものです。

一般には、不動産を売却した相手である家主と賃貸契約を結び、売却した際に手に入れたお金を元手に月々の賃貸料を納めていくことができます。こうした手続きは、外部の人に知られることなく行なわれるため、まず誰にも知られることなく、今まで通り我が家に住み続けることができるでしょう。

また、リースバックという方法を利用するなら、一時的にローンの支払いができなくなって、大事な家を一旦売却しなければならなくなったとしても、その売却に伴ってまとまったお金が入ってくるため、それによって資金繰りが楽になります。

加えて、将来的には、一旦売却した家を再び買い戻すことさえできるでしょう。

実際にリースバックを利用することには、具体的に言って、どのようなメリットがあるのでしょうか。金銭面でのメリットとしては、家を売却した代金は一括で受け取ることが可能であるということです。

またこの方法なら、売却後も引き続き我が家に住み続けることができるため、普通に家を売却する時のように仮の住まいを借りる必要がなく、余分なお金がかからないということでしょう。

さらに、リースバックには精神面でのメリットもあります。上述した通り、競売などとは異なり、まず他の人に知られるという心配はないということです。まとまった資金ができた時には、家を買い戻すこともできるという希望があるので、気分的にも随分楽に構えることができるでしょう。

何と言っても、今の家に今まで通り住み続けられるのですから、環境の変化に順応することから生じるストレスや煩わしさを経験せずに済むのです。大きな安心感を抱いて生活を続けていけるでしょう。

カテゴリー