任意売却とは?

任意売却とは?

不動産

一般的に住宅ローンの支払いが支払えなくなってしまいますと貸し付けを行なっている金融機関は裁判所を通じて強制的に土地等を不動産に売却して、それでも残った債権は競売で住宅ローンの債権を回収する訳ですが、これを避けるために任意売却があります。

家や土地を売却して残った債権は競売に出されますけど競売を避けるためには残っている住宅ローンよりも高く家を売ったり、売却代金だけで補えない分は差額を出すという事になりますが、住宅ローンを支払えない状況では難しいです。

任意売却は専門の不動産コンサルタントが債権者と債務者の仲介や調整を行ないまして、売却価格がローン残高を下回ってもバイキ役できるようにする不動産取引です。

競売は裁判所が介入するため強制的に行われる事であり、任意売却をする事によって債務者や債権者の話し合いがありますから、そこでお互いに融通して良い条件で話を進める事ができます。

この方法の最大のメリットは債権者と合意を得る事でローンを残したまま抵当権を解除できる事になりまして、低額で売却されてしまう事を避ける事ができます。

競売は市場価格よりも遥かに安い金額で落札される傾向がありますので、売却した時にローンが多く残ってしまう可能性があります。

任意売却だと相場に近い価格での取引になり、債権者とも話して計画的に進める事ができますから大きく実態は違っていて、話し合いによっては返済計画も融通してくれますのでお互いにメリットがあります。

競売で落札が決まった場合は強制的に立ち退きされたり、不法占拠として法的措置を取られたりする場合があり返済計画だけがメリットになる訳ではありません。

しっかりと話し合いで決めますので引越し時期までいて良い等の要望も聞いてくれますから安心感があります。

また裁判所からの通知もなく近所の方にバレる事もありませんし、引っ越し代金等の余剰金の確保も見込める事ができます。

債務者が掛かる手続き上の費用も一切ありませんからダメージが少なく、債務者の意志で計画を考えられるのでメリットが多くあります。

任意売却のデメリットとしまして、住宅ローンの滞納をしてする必要があり、あえて支払いを止めたり、それに伴って信用情報機関にブラック登録されてしまいクレジットカードを作れなくなったりする事があります。

しかし、競売に掛けられて強制的に立ち退きさせられるよりも有利な条件で交渉できますので住宅ローンの支払いが困難な方には非常に良い方法です。

カテゴリー