ジャパンネット銀行とは?

ジャパンネット銀行とは?

ジャパンネット銀行

ジャパンネット銀行は日本を代表するネットバンクの1つで、戦後初めて銀行法第四条に基づく普通銀行免許を獲得しているのが特徴です。

誕生当初は新しい形の銀行として、ジャパンネット銀行は注目を集めました。

株式会社のジャパンネット銀行は非上場で、東京の新宿を拠点に設立年の2000年から営業を行っています。

ネットバンク事業が中芯なので、いわゆる実店舗の支店はなく、支店名はネットバンクにおける振り分けで用いられているものです。

その為、実質どの支店も本店のある新宿に所在がある形となります。

従業員数は400名弱と小規模ですが、これもネットバンク主体で実店舗を持たない業態なのが理由です。

現在はヤフーの連結子会社で、三井住友銀行の持分法適用会社に位置づけられます。

ジャパンネット銀行では、振り込みに便利な機能が充実していたり、全ての利用者のカードにVISAデビット機能がつくのが魅力です。セキュリティレベルが高いメリットもありますから、安心して活用できるネットバンクだといえるでしょう。

店舗を持たないことでコストを圧縮しているので、その分が安価な振込手数料に反映されています。

評判が上々で日常使いにも便利なジャパンネット銀行は、新しく口座を開設する銀行として検討の価値ありです。

カテゴリー