仮想通貨 モナコイン(MONA)とは?

仮想通貨 モナコイン(MONA)とは?

仮想通貨 モナコイン(MONA)

モナコインは匿名掲示板2ちゃんねる(現在は5ちゃんねるに改称)で生まれた日本初の仮想通貨です。

2013年12月から開発が始まり12月末に開発が始まり2014年1月に正式リリースされました。

アルトコインの代表格であるライトコインをベースとしていますが、日本で生まれた最初の暗号通貨といえます。

この名前の由来は、2ちゃんねるで人気のあったAA(アスキーアート)の「モナー」です。
名前から見ると、遊びで作ったもののようですが仮想通貨としての機能は十分にあり、送金や決済などに問題なく使えます。

なぜ匿名掲示板で仮想通貨が開発されたのかというと、コミュニティ内でクリエイターを支援するための寄付いわゆる「投げ銭」をしたり、オークションなどの決済手段として使うためです。

実店舗での使用もできますが、そのほとんどは都心部に集中しており全国各地で使えるわけではありません。

モナコインの特徴についてみていくと、ライトコインのシステムが使われていることもあって、データの固まりであるブロックを短時間で生成できます。

すでに開発されてから年月が経過していることもあり、独自の技術で進化していったおかげで、オリジナルであるライトコインを超えるほどのスピードです。

それからモナコインというと、その発行枚数の上限が1億512万モナコインと、他の仮想通貨に比べて大量であることも特徴です。

これは、前述のように「投げ銭」などコミュニティ内で活用することが目的であることが理由の一つです。では、実際に発行されているのはどのくらいかというと2019年7月の時点で約7000万モナコインです。

そんなモナコインを入手したいのであれば、取引所で購入することが確実と言えます。

あと、他の仮想通貨と同じく採掘(マイニング)でも入手が可能です。
モナコインでマイニングをしたいのであれば、ウォレットをつくりマシンで専用のソフトを動かすだけで後は勝手に作業をしてくれます。

ただし、モナコインの価格が下がっていたり、作業をする「マイナー」が増加していることもありマイニングで稼ぐことはかなり難しいです。

カテゴリー