仮想通貨 ファクトム(FCT)とは?

仮想通貨 ファクトム(FCT)とは?

仮想通貨 ファクトム(FCT)

ファクトムとは、ブロックチェーン上にあらゆる電子データを記録することができる分散型のデータ管理プラットフォームで、一般的な仮想通貨とは少々異なっていることが特徴です。

電子データとは具体的には証券や保険証書、貸付記録などの公的な証明となるもので、これらをサーバーなどで管理・保管するためには膨大なコストやセキュリティが必要となりますが、ブロックチェーンの持つ取引履歴を改ざんできないことと、匿名性が高いという特性を活かしたファクトムを利用することによって安全に管理することが可能なため、世界中の投資家から大きな期待と注目を集めています。

利用するメリットとしては世界的なソフトウェア会社やベンチャー企業から8億以上の出資を受けていることで、多くの企業から注目を集めているため安定した価格の上昇が期待できる点にあります。

更に、現在のアメリカの住宅ローン市場は1兆5千億ドルにも及ぶと言われていますが、これをファクトムによってパッケージ化する「ファクトムハーモニー」と呼ばれるプロジェクトが進んでいることにより管理コストが460億ドル近くも削減可能とされているため、投資目的でのニーズが高まっている点が挙げられます。

一方のデメリットとしてはファクトムは企業によって運営されていることがあり、企業が破たんしてしまうと同時にファクトム自身も破綻してしまうというリスクがあることです。

また、他の仮想通貨は市場に流通する枚数を制限することによって通貨としての希少性を高めていますが、ファクトムは発行の上限が設定されていないため、発行される枚数が増えれば増えるほど通貨としての価値が下落してしまうという可能性も持ち合わせています。

しかし、ファクトムは公開してからわずか3年程度で8億円以上の出資を引きだした実績を持ちます。

今後のデータ管理プラットフォーム市場は16兆円以上の規模になると予想されており、企業との提携も活発化している現在、将来的にも安定していると考えられています。

カテゴリー