仮想通貨 ビットキャッシュ(BCH)とは?

仮想通貨 ビットキャッシュ(BCH)とは?

仮想通貨 ビットキャッシュ

現在も根強い人気を誇る仮想通貨。その中でも有名な通貨が「ビットコインキャッシュ」です。

もともとは「ビットコイン」から派生した仮想通過で、ハードフォークというシステム仕様変更にともない「ビットコインキャッシュ」が誕生しました。

ビットコインの取引の際には、そのデータ量の大きさからシステムに大きい負荷がかかることが問題視されており、改善を要求する声があがっていました。改善を行うために、容量をより大きくしたものが「ビットコインキャッシュ」です。

持てる情報量のスケールを拡大したため、取引スピードが早くなり海外送金が手軽という点と、解析・処理などのいわゆるマイニング作業が素早く出来ることがメリットです。

「ビットコインキャッシュ」はリリースされたのち、数か月で時価総額の上位にまで到達するなど、非常に人気が出たことで知られています。

2017年にビットコインから分岐

2017年にビットコインから分岐した仮想通貨「ビットコインキャッシュ」は、海外間の送金処理が早く日常でも比較的使いやすい仮想通貨として有名です。

しかも決済処理が早く取引手数料が安いので、日常的な買い物などにも適しているとも考えられています。現在もアップデートを繰り返し行っており、国内大手の取引所「コインチェック」でも、「ビットコインキャッシュ」のサイトはわかりやすいと好評です。

価格の上下を示すチャートも見やすい作りとなっていますから、初心者が仮想通貨取引を行う際に最適といえます。セキュリティを向上させる施策も取られており、今後「ビットコインキャッシュ」を使用できる実店舗は増えるとみられていますから、ますます利用価値が上がることでしょう。

だたし仮想通貨の世界は投機的な投資が多いため、1日で数10パーセントの値動きが発生します。

値動きに関しては「ビットコインキャッシュ」を扱う際に、気にしておくべきポイントと言えます。反対に値段が高騰する場合も考えられますので、取り扱う場合はチャート等をきちんと確認すべきです。

カテゴリー