仮想通貨 ネム(XEM)とは?

仮想通貨 ネム(XEM)とは?

仮想通貨 ネム

これからの新たな時代に活躍する通貨として一躍ブームとなっている仮想通貨ですが、知名度の高いビットコイン以外にもさまざまな種類が存在しており、ネムもそんな仮想通貨の種類の一種です。

その名称は新しい経済運動ことNew Economy Movementの略称で、2014年1月に企画として持ち上がり、2015年の5月に初公開となりました。

そんな経緯で誕生したネムですが、発行される通貨単位はXEMであり、ビットコインなどでよく聞くマイニングというものは実施されておらず、新規発行は基本的にありません。

それではどのように利用するのかといえば、マイニングに代わる方法としてハーベスティングという方法が採用されています。

ハーベスティングは支払った手数料をもらう作業で、入出金ことトランザクションをブロックにまとめてブロックチェーンに記録することで、まとめたトランザクションが払った手数料を報酬とするシステムです。

しかもウォレット内の残高だけではなく、トランザクションの頻度なども含めて顧客側の重要性であるPoIスコアが計算されるようになっています。

このことからも分かるように、PoIスコアが高ければ高い程ハーベストに成功して報酬が貰える確率も上昇し、このシステムならば一部の莫大な資金のある採掘者やグループに報酬が流れないので、いわゆる財力のみに偏っていない設計である最初の暗号通貨とも呼べます。

しかもハーベスティングには、パソコンを立ち上げた状態で実施するローカルハーベスティングだけでなく、パソコンの電源を落とした状態でも実施可能な委任型ことデリゲートハーベスティングも存在しています。

デリゲートハーベスティングはハーベスティングを開始する前の段階で、ネムのブロックチェーンにトランザクションを送信し、代理アカウントにマッピングします。

この代理アカウントを利用し、ハーベスティングに参加できるようになります。

このような特徴があるために、ネムの場合は積極的に参加して頑張れば頑張った分だけチャンスも増えますし、多くの人が参加しやすいといったシステムでもあるため、人気も注目度も高まっている仮想通貨でもあります。

カテゴリー