ゆうちょPay(銀行Pay)とは?

ゆうちょPay(銀行Pay)とは?

ゆうちょPay(銀行Pay)

ゆうちょPayは、スマートフォンで決済できる銀行Payサービスです。
情報を登録しておけば、ショッピングなど様々なシーンで便利に使えます。

ゆうちょPayは入会金も年会費も無料で、コードを読み取るだけで簡単に支払いができます。
ショッピングはもちろん飲食代の支払いや公共料金の支払いにも使えます。

ゆうちょPayで支払うと登録した口座からすぐに代金が引き落とされるので、チャージを事前にする必要がなく便利です。
利用履歴はゆうちょPayアプリを使えばすぐに確認できるため、毎日のお金の管理も楽になります。

ゆうちょPayの利用は残高内での利用になるため、使いすぎの心配がないのもメリットのひとつです。
利用する上限額も自分で設定できます。

スマートフォンで支払いができるので、旅行にも便利です。
面倒な審査は一切なく、総合口座を持っていれば誰でもすぐに利用することができます。

ゆうちょPayのサービスを利用したい場合は、対象の利用環境を備えたスマートフォンが必要になります。

口座の設定は、本人名義の総合口座のみ可能です。
ゆうちょPayで利用できる上限金額は1日200万円までになります。
1か月だと500万円までの範囲内で自由に設定することができます。

サービスを利用できる店はホームページ上に記載されています。
利用できる店頭にはロゴマークが表示されているので、ロゴマークでも判別が可能です。

スマートフォンを機種変更した場合は、アプリ内のユーザー情報や決済情報などの内容が引き継がれます。
機種変更を行ったら、新しいスマートフォンにアプリをダウンロードします。
ログインIDとパスワードを入力すれば、以前の情報が引き継がれています。

ゆうちょPayは加盟店にとっても大きな導入メリットがあります。
各金融機関が展開しているマルチバンク決済にも対応しているので、それぞれのユーザーはお互いの加盟店で相互利用ができます。
導入コストは無料で、専用端末も不要です。

カテゴリー