ルーン占いとは?

ルーン占いとは?

占い

数ある占いの手法の中でもルーン占いは独特の占い方をすることで有名です。ルーン占いの歴史は大変古く、北欧地方で1世紀ごろよりゲルマン民族によって用いられていたと言われています。

ルーン占いで用いられるのはルーンと呼ばれる特徴的な形をした文字です。それぞれの文字に一つずつ意味や読み方があり、全てで24文字あります。その文字を石や木片に刻んで占いに用いてきました。タロットカードのようにカードに描いて占うこともあります。

占う方法は袋の中から一つ取り出して答えを導く方法や、全ての石をばらまいてその配置で意味を読み取っていく方法が一般的です。

ルーン占いは他の占いと比べると直観力が非常に求められる手法だと言えます。無味乾燥な文字だけを頼りに自分の直感によって一つ一つの文字のイメージを占いと結び付けていき、結果を導き出します。

人間関係や恋愛など対人的な内容を占うのはもちろん、ルーン占いは自分自身を振り返るのに有効であると言われているため、人生の岐路に立った時にどのような行動を取ればよいのか助言してもらったり、お守りとして文字を持ち歩くこともできます。

ルーン占いの精度を高めたいのであれば、普段からルーン文字の描かれた占い道具を触ったり眺めたりしてインスピレーションを磨いておくのがおすすめです。そうすれば問いかけに対して有益な答えを返してくれるでしょう。

他の占いと比較すると大変古い歴史が感じられるルーン占いは、基本的な占い方さえ覚えてしまえば初心者でも手軽に行える手法であり、様々な悩みの解決に役立てることができるため大変魅力的です。悩んだ時の解決方法の一つとしてぜひ一度利用して、古代ゲルマン民族の歴史を感じ取ってみると良いでしょう。

カテゴリー