任意売却がうまくいかなかった失敗談

任意売却がうまくいかなかった失敗談

不動産

不動産を売却するときに、任意売却を選べば失敗することはないはずだと思い込んでいました。周りの人も、任意売却で満足のいく形で不動産を処分することができていたため、自分も大丈夫だと考えていたのです。

しかし、もっとよく勉強してから手続きに入るべきだったと後悔しています。まさか失敗するはずがないと思っていたため、他の人の成功談は多く見ていたものの、失敗談はほとんど見ていませんでした。失敗談を参考にしていれば、自分が失敗談を発表することもなかったはずです。

結論からいうと、任意売却の手続きで不動産を売却することはできずに終わりました。安くなってしまったり、売却までに長い時間がかかったりすることは覚悟していたのですが、売却できないことは想定外だったので大変です。

失敗談として、このケースは最悪のものだと思います。スムーズに買い手が見つかるという前提で手続きに入ってしまったため、見つからなかったときのことは全く考えていませんでした。結局、任意売却で不動産を処分する計画だったのに、競売にかけざるを得なくなってしまったのです。

競売になってしまった場合に、任意売却の場合と比べて安くなることは分かっていました。そのため、競売になると知ったときのショックは非常に大きかったです。何か初めてのことをするときは、他の人の失敗談を必ず確認するべきだと思いました。自分自身が失敗談を作ることになって、そのことに初めて気づいたのです。

カテゴリー