自己破産について

自己破産について

不動産

自己破産という言葉は、いかにも人間失格というような印象があるので、出来れば避けたいというのは誰しもが思うところですが、借金などで返済がうまくできない状態となったなら、最後の解決手段として選定するにも一つの道です。

お金を借りるのがいとも簡単にできるようになり、若い人もそうですし、ご家庭の主婦やサラリーマンなどが気楽に借りて、多少の利息を払って返済ということを日常茶飯事的に行っている人がいます。

もちろん、お金を借りるのは良くないことだという道徳観から全く手を出さない人がいることも確かです。

でも、今は世の中の仕組みが借りやすくなっており、しかも現金を扱うよりはカードとかクレジットとか、銀行引き落としという方に向かっていますので、手元に現金がなくても、もの買えたり、サービスを受けたりすることができるようになっています。

カードなどが典型的な例ですが、本人がそれほど意識しないで、お金を借りるのと同じ行為が、ネットやATMのような機械を介してできてしまいます。

こうした背景もあるため、少しくらいならということでお金を借り、最初は返済も順調に行っているということになりますが、だんだんと借用金額が膨らむと、返済が滞り、それでも何とかしなければということで、いわゆるサラ金とか街金融と言われるものに手を出すことになります。

そうなると、利息が断然高くなるので、さらに苦しくなり、 自転車操業をしたり、いくつもの金融機関から借りることになりますが、いずれはそれさえうまく行かなくなります。

催促の電話が入り、取立てに押しかけられ、にっちもさっちもいかなくなり、雲隠れしたりして、もっと悪い状況になります。

家族で何とか補ったり、実家の親に泣きついたりして、お金を工面してもらい、一時ピンチを切り抜けたとしても、こういう状態になると、蟻地獄に陥ったようになります。

こうしたケースでは、金額にもよりますが、自己破産の手続きを進めるのが解決への道となります。催促や取り立てはピタッと止みます。場合によると、利息が法的制限を超えているということで過払い金が返還されることもあります。

そして、きちんと反省して、人生を新たに出発することができるということになります。

手続きが分からない場合は、近くの法テラスという機関に相談すれば、信頼できる弁護士などを紹介してもらえます。費用は掛かりますが、過払い金返還の中で賄えることも多いのです。

自己破産したからと言っても、心を入れ替え普通の生活をしていく分には、表面上は何も問題ありません。
むしろ、命を粗末にしないで、本来の人の姿に戻るにはいい機会となるはずです。

カテゴリー