九星気学(きゅうせいきがく)とは?

九星気学(きゅうせいきがく)とは?

占い

占いと言えば雑誌やテレビ番組などで頻繁に目にすることがありますが、多くのメディアで紹介されている占いは西洋における星占いがメインです。しかし、西洋が発祥のものしか存在しないわけではなく、古代の中国で誕生した九星気学というのもれっきとした占いの一つです。

一人の人間が持つ運命をより一層ポジティブにすべく役に立つ開運方法であり、人間はこの世に生まれた瞬間から気を授かるという思想に基いています。そして、九星気学という名称からわかるように9つの種類に分けられており、各々によって持っている意味合いが大きく異なります。

一見複雑そうに見えますが、9種類に目を向けてみると理解できるのは各々が色や数字そして五元素にて構成しているという点です。全てにおいて最後の文字が星になっているのですが、九星気学においては西洋占星術とは違い天体の意味合いを持っておらず性質としての意味があります。

また、数字は時間を指し示しており色については空間という意味があるのですが、これらは東洋の思想に基いて考えられており、地と天のスペースには常に時間と空間があるという思想に関連しています。

そういった根本的な考えに全ての物事の基本になっている五元素を組み込むことにより、その場にある気を表現しているのです。慣れるまでは難しく感じられてしまうものの、初心者のうちは各年が持っている様相をカラーや数字に分類分けしたと認識しておいても良いでしょう。

こうした九星気学は生まれた年代から判明する本命星に加え、月から見いだせる情報が存在するのですが、未熟で親元に居る時は月が強く関係し成長し自立した後は本命星の持つ特性が強く表れると考えられています。

カテゴリー

アーカイブ