名前を元にした占い

名前を元にした占い

占い

占いには数多くの種類があり、それぞれの手法によって得意とする鑑定内容も変わって来るため、占い師ごとに得意な手法があり、鑑定を求める側からも選択肢として取り上げられます。

その中で、名前を使用した占いは、個人が持っている生まれつきの運命や、年齢ごとの運気の流れなどを判断するのに用いられます。

比較的古くからある占術であり、日本の歴史の中でも新しく子供が生まれると神主や僧侶などに運勢の良い名前をつけてもらう、という習慣があったほどで、これが現在の姓名判断などと同源であることは明らかです。

この他に、名前の読み方の音を元にした占いも近年一般的になっています。

字面としての名前ではなく、名前を声に出して読んだ時の音の構成、母音と子音の並び方や、音の順番などからその人の事を読み解いて行く、というものもあり、人気が高まっています。

これは、本名の他にニックネームや職場での相性、芸名などを考えることによって、本名では不足していると思われる運気を補うという使われ方があり、自分からこのように呼んで欲しいと申し出るだけで特別な手続きなどを必要とせずに運気を変えるアクションを起こすことができるというメリットがあります。

この点において、改名という概念のある古来からの姓名判断と共通した部分があると言えます。
占い全般に言えることとして、古くからのデータの蓄積による統計学である、という側面があります。

このため、占いという名前が付いてはいるものの、文字の構成、音の構成のどちらであっても、どのような気質を持っているのか、どのような人生を歩むのかといったある程度の傾向が導き出せる事は不自然では無く、合理性のある鑑定方法であると言えます。

カテゴリー