姓名判断とは?

姓名判断とは?

占い

姓名判断は人の姓名をもとに、その人の運勢、性格、恋愛運、結婚運、家庭運、健康、仕事などのついての占いをする方法です。人の名前に使われる文字の画数で算出された数によって占うもので、一般的には5つの画数から占います。

五運といわれ、総格、天格(祖格)、人格(主格)、地格、外格があります。総格は姓名の総画数。天格は姓の総画数。人格は姓の最後と名の最初の文字を足した画数。地格は名の画数の合計。外格は総格から人格を引いた画数。

総格は一生の運勢。天格は祖先運。人格はその人の内面や性格。地格は少年少女時代の運勢。外格は対人関係など社会的な環境をあらわすなど。それぞれの画数をもとに、その人の様々な面について占います。

様々な流派や占い方がある姓名判断。そのルールや画数の数え方にもいろいろな方法があります。日本人の名前には主に漢字が使われているので、画数の数え方はとても複雑です。

特に旧字体と新字体があり、そのどちらの画数で占うかによって結果が全く違うことがあります。数え方についても様々ですが、私は普段自分が使っている名前の画数により運勢が左右されると感じています。

私は占いの中で姓名判断が最も信頼できるものだと考えます。以前から姓名判断に興味と感心があり、よく人の名前から画数を数えて占っています。そしてその結果がその人の性格や運勢に当てはまっていることがあります。

また子供の名前をつける時に画数を気にして命名する方も多く、実際にその子の運勢に影響を与えると信じている方が多くいます。

数秘という言葉があり、数には神秘の力があると古来より信じられてきました。なぜかはわからないのですが、名前の画数には科学では解明されていない何かがあり、姓名判断として、その名前の画数から占うことができると私は考えています。

カテゴリー