人工芝を庭にDIYで敷くことのメリット

人工芝を庭にDIYで敷くことのメリット

人工芝

自宅に庭があるならば、地味な土の色ではなく、緑の方が落ち着きます。そこで芝を敷くことを検討するわけですが、柴にも天然芝と人工芝があります。天然芝はいうまでもなく行きている植物ですが、人工芝はポリエチレンやポリプピロレンなどのプラスチック素材から出来ています。

人工芝をDIYで庭に敷くことのメリットは何かというと、一年を通してきれいな緑を楽しむことが出来ることです。天然芝の場合には日当たりや水、気温などの条件によって、生育がまだらになってしまうことがあります。

それに冬には表面が枯れてしまい、芝を敷いている意味があまりなくなってしまいます。

しかし、人工芝であれば植物ではありませんから、どのような状況でも同じ姿を見せてくれます。伸びすぎることもないので、芝刈り機で高さを整える必要もありません。

人工芝をしいてしまうと、雑草が根を張る地面に太陽光は届かないし、薬剤を染み込ませた防草シートを敷いておけば雑草が生えてくることもないのです。それで雑草を防ぐ雑草を引き抜く手間を省くことが出来ます。

その結果として、雑草を餌とする虫が湧きにくい庭に仕上げることもできます。そして、水やりが必要ないので水道代の節約にも繋がります。

価格や定期的に張り替える必要性といった面では、天然芝のメリットの方が大きくなりますが、休みをあまり取れないのでメンテナンスの手間を省きたい、見た目を重視したいというのであれば、人工芝を選んだほうが良いでしょう。

カテゴリー