十分な計画がないまま任意売却をした失敗談

十分な計画がないまま任意売却をした失敗談

不動産を処分するときは、競売にかけるよりも任意売却をした方が得になるという話を聞いていました。そのため、自分が不動産の処分を検討するようになったときも、真っ先に任意売却をすることを考えたのです。

しかし、なんとなくメリットが大きいだろうという気持ちだけで手続きに入ろうとしてしまったため、大きな失敗をしてしまいました。他の人が成功した話ばかりを参考にしていて、失敗談には目を向けていなかったのも問題だったと感じています。

もっと多くの情報を集めて、さまざまな人の失敗談も参考にするべきでした。結局、自分が失敗談を作ることになってしまったのです。

任意売却をすることの大きなメリットは、やはり相場に近い金額で売却することが期待できる点だといえます。

しかし十分な計画をしないまま売却の手続きに入ってしまうと、思っているほど高い金額になりません。自分の場合は、かなり損をしてしまいました。

また、売却の金額に関する不満があっただけでなく、連帯保証人とのやり取りをしなければならなかったことも困った点です。

連帯保証人が債務を返済してしまえば任意売却の手続きに入れないため、連帯保証人に返済しないように求める必要がありました。もともと連帯保証人との関係が良好だったわけではなく、このやり取りには苦労したのです。

任意売却の手続きが終わったときに感じたのは、思っていたほど得にならず、大変なことばかりだったということです。自分としては失敗談になっています。

カテゴリー