仮想通貨 リスク(LSK)とは?

仮想通貨 リスク(LSK)とは?

仮想通貨 リスク

インターネット上で様々な仮想通貨が利用されるようになりました。

仮想通貨は、硬貨や紙幣のように現物をもたない通貨で、インターネット上でサービスの対価等に使用することができますが、リスクも仮想通貨の一つです。

リスクは、分散型のアプリケーションプラットフォームで機能する仮想通貨となります。

分散型アプリケーションとは、中央管理者が存在しなくても全体のシステムが機能し自律的に動くアプリケーションのこと、と考えて間違いありません。

分散型アプリケーションとなりますが、取引記録だけではなく契約内容も記録することが可能です。

契約内容以外にも実行する条件をプログラム記録することもできる、スマートコントラクトの機能を使用することが可能です。

スマートコントラクトの機能に関しては、契約内容と実行する条件が整ったタイミングで、自動的に契約を行うことができると考えて間違いありません。

自動的に契約が実行されるため、スムーズに契約を行うことが可能です。

契約について具体的には、不動産売買等の高額取引の場合、取引が公正に行われるため第三者である不動産業者が仲介を行っています。

仲介に関してスマートコントラクトを使用すると、自動的に公正な契約を行い取引ができるため、仲介を行う必要がなくなり、素早く契約を行うことができます。

取引の情報を記録する際ブロックチェーンの技術が使用されていますが、リスクではブロックチェーン以外にもサイドチェーンの技術も設定されています。

ブロックチェーンは取引情報をひとつにまとめたブロックを鎖のようにつなげた形となり、必要なプログラムをチェーン上に並べる必要あるため、動作が重く処理能力が落ちます。

ブロックチェーン以外にもサイドチェーンを使用することができると、別々に動作させることで処理能力がアップします。

処理能力がアップするため、トラブルが発生した際も素早くトラブルを解決し元の状態に戻すことが可能となり、安心して使用することができます。

カテゴリー