仮想通貨 ライトコイン(LTC)とは?

仮想通貨 ライトコイン(LTC)とは?

仮想通貨 ライトコイン

仮想通貨ライトコイン(LTC)は、2011年に開発されました。「ビットコインを金とするなら、ライトコインは銀である」とよく例えられます。

取引の承認時間をビットコインの4倍にしたことが特徴です。取引の承認時間はそのまま送金スピードに反映されますので、単純にスピードが4倍と考えていいです。

発行上限もビットコインの4倍で8,400枚となっています。ライトコインは少額な決済をスピーディーに行うことに適した通貨です。

Segwitという技術をビットコインに先駆けて導入しました。Segwit導入によってスケーラビリティ問題が改善されています。

今後ライトニングネットワークの導入も予定されています。予定通りにいけば、スケーラビリティ問題に対してビットコインより強く、少額決済用に頻繁に使われる仮想通貨となるでしょう。

「ビットコインを金とするなら、ライトコインは銀である」という言葉の通り、1枚あたりの価値は安いが、より使いやすくて実用性に優れた仮想通貨です。

2019年8月頃はマイニング半減期になると予想されています。

そのためか、2019年に入ってから価値が大きく上がりました。半減期の前後は大きな価格変動が起きやすいので、気を付けておいてください。

ライトコインは2011年に開発され、現在に至るまで一度もシステムダウンしたことがありません。最も長く稼働しているアルトコインとして、人々から信頼されています。

ゲーム配信会社のSteamと提携するなど、大手企業との提携にも力を入れています。

2018年2月にLitePayという仮想通貨のデビットカードを発行するというニュースが出ましたが、財団の資金不足などを理由に3月にサービス停止しました。

そのニュースは残念でしたが、2019年6月に仮想通貨取引所Biboxと提携し、暗号通貨デビットカードを発行すると発表しました。

少しずつですが暗号通貨を使って買い物ができる場面が増えてきています。

カテゴリー